このドキュメントは、重要な変更と追加を強調し、EPUB® 3 仕様の二番目のマイナー リビジョンで行った変更を説明する。

前置き

EPUB は XML や Web 規格に基づいたデジタル出版物の交換や配信形式である。EPUB 出版物は、電子書籍、雑誌、出版物のその他の形式を表現し、オンラインやオフラインで消費するために配布することができる Web コンテンツの信頼性の高いパッケージと考えることができる。

EPUB 3.2 は、EPUB 3.0.1 と EPUB 3.1 継承を熟慮した上での、EPUB 3 仕様のマイナー リビジョンである。EPUB 3.1 は、広く採用されておらず、コミュニティ グループは、EPUB 3.1 での多くの変更を維持しながら、EPUB 3.0.1 との強力な後方互換性を持つ EPUB 3.2 を作成する決定をした(特定のバージョンの EPUB は、古いバージョンに適合している EPUB 出版物が、新しいバージョンに適合している場合にのみ、古いバージョンと強力な後方互換性があると言われている)。

このドキュメントは、読者が、どのように EPUB 3.0.1 をこの新しいバージョンへ更新する前に、EPUB 3.1 をレビューする必要がないように、EPUB 3.0.1 移行の EPUB における全ての変更を説明する。

このドキュメントは規定ではない。EPUB 3 の正確な情報は EPUB 仕様を参照されたい。

特に指定のない限り、ここで使用される用語は、用語 [[EPUB32]] で定義された意味を持つ。

要約

全ての適合する EPUB 3.0.1 ファイルは、適合する EPUB 3.2 ファイルなので、現時点で、EPUB 3 出版物の製作者は、何も変更する必要はない。EPUB 3.2 は、いくつかのオプションが提供されており、コンテンツ製作者は、EPUB アクセシビリティ ガイドラインに従うことを正式に推奨する。

EPUB 3.2 における最大の変更は、HTML、CSS 及び SVG のコア ウェブ仕様との関連性である。これまで EPUB は、特定の日付バージョンの HTML 又は CSS を指していた。現在、EPUB 3.2 は、W3C で定義される HTML、CSS 及び SVG の最新バージョンを正式にサポートする。これらのバージョンは、徐々に進化し、EPUB は、ウェブの最新の状態を維持する。

他の注意すべき変更は、WOFF 2.0 及び SFNT フォントがコア メディア タイプ リソースになったことである。EPUB 3.2 は、例えば、bindingsepub:trigger 及び epub:switch. など、いくつかの古い機能を非推奨(deprecate)にした。

仕様の再編成

EPUB 標準の読解と参照を簡単にするために、仕様の主な再編成に着手した。最大の変更点として、新しい包括的な EPUB 仕様は、エントリへの主なポイントとして導入された。[[Publications301]] で定義された以前の EPUB 出版物およびリーディング システムの要件は、出版物リソースに関するセクションがあったように、この新しいトップレベルの仕様に移動した。全ての共通用語は、同様に、共通の参照点を提供するために、このトップレベルの仕様に集めた。主要な概念のインデックスと用語は、様々なサブ仕様のナビゲーションを支援するために追加さた。

[[Publications301]] は、パッケージ ドキュメントを介してコンテンツのレンディションを定義していることを反映するために、より適した EPUB Packages 3.2 [[Packages32]] にリネームした。EPUB ナビゲーション ドキュメントの定義は、EPUB コンテンツ ドキュメントの一般的な機能ではなく、パッケージの中心的な構成要素であるとして、パッケージ仕様のために [[ContentDocs301]] から移動した。以前、この仕様で定義されていたプロパティの定義は、外部の語彙へ移動した。

[[MediaOverlays32]] は、埋め込まれるプロパティの定義が別々の語彙として移動されたが、その他の点では構造的な変化はない。

[[ContentDocs32]] は、EPUB ナビゲーション ドキュメントの定義の除去を別とすれば、主に表面的な変更がなされた。いくつかのセクションは、一意のドキュメント タイプではなく、(例えば、セクション「スクリプト コンテンツ ドキュメント」は、「スクリプト」に変更された)コンテンツ ドキュメントを強化する方法を反映するために改名されたが、それ以外のセクションの配置は大きく変更していない。

[[OCF32]] は、同様に、いくつかのマイナーな編集と構造上のクリーンアップがなされたが、セクションの追加または削除はない。

EPUB 3.2

EPUB 3.2 で取り上げられた EPUB 3.0.1 仕様のイシューの説明とタイプミス、その他の完全なリストはイシュー トラッカーを参照されたい。

アクセシビリティ サポート

EPUB 3.2 は、全ての EPUB 出版物が、新しい EPUB Accessibility 仕様 [[EPUBAccessibility]] に適合する勧告を包含する。アクセシビリティ仕様は、コンテンツ内の [[WCAG20]] サポートと一緒に、発見のメタデータの包含のための勧告を行う。

EPUB リーディング システムはまた、[[EPUBAccessibility]] の要件を満たすことを推奨する。

新しいコア メディア タイプ リソース

EPUB 3.2 は、コア メディア タイプ リソース [[EPUB32]] として WOFF 2.0SFNT フォント フォーマットを追加した。

管理外リソース フォールバックの明確化

EPUB 3.2 は、スパインではなく、EPUB コンテンツ ドキュメントに埋め込まれていない場合は、管理外リソースがフォールバックを必要としないという更なる明確化を追加した。

この変更は、特に利点、不要なフォールバックなしにスクリプトによって使用するためのデータファイルを製作者が包含することができる。

リモートでホストされるリソース

EPUB 3.2 は、スクリプトによって使用されるフォントとリソースが EPUB コンテナの外側でホストされることを許可する。

リンクのための EPUBCFI サポートの廃止

EPUB 3.2 は、ハイパーリンクするために EPUB Canonical Fragment Identifiers [[EPUB-CFI]] をサポートするリーディング システムへの要求は取り除かれた(EPUB 3.0.1 EPUBCFI の要件を参照)。

非サポート機能の新しい表記

EPUB 3.2 は、非推奨(deprecated)の定義を更新し、「置き換え(superseded)」を廃止し、後方互換性のみを目的とした「レガシー」機能の概念を追加する。

Packages 3.2

3.2 リビジョンで取り上げられた EPUB Packages 仕様のイシューの説明とタイプミス、その他の完全なリストはイシュー トラッカーを参照されたい。

パッケージ メタデータの変更

EPUB 3.2 は、パッケージ メタデータを次のように変更する。

リンクされたメタデータ レコード

EPUB 3.2 は、パッケージ ドキュメントの metadata 要素に直接包含されている情報の上にリンクされたレコードに書誌情報に優先し、リンクされたレコードの優先順位もまた変更する。

リモートのレコードを取得するためのプロトコルは、最新ドラフトの補足で開発中であった。その作業は削除され、別のドキュメントで継続されるであろう。

bindings 要素の非推奨(deprecation)

EPUB 3.2 は、object 要素(EPUB 3.0.1 bindings を参照)に埋め込まれた管理外リソースのために代替のスクリプト化したフォールバックを提供するパッケージ ドキュメント内で bindings の使用を非推奨(deprecation)とする。

[[HTML]] object 要素固有のフォールバック メカニズム(埋め込みコンテンツ)は、フォールバックのコア メディア タイプ リソースを提供するために使用できる。

Content Documents 3.2

3.2 リビジョンで取り上げられた EPUB Content Documents 仕様のイシューの説明とタイプミス、その他の完全なリストはイシュー トラッカーを参照されたい。

HTML と SVG への日付なし参照

EPUB 3.0.1 は、それらの特定のバージョンに仕様を結びつけるため、HTML 5.0 と SVG 1.1 のために日付付きの参照を使用していた。このモデルでは、新しいリビジョンが、HTML や SVG のバージョンを導入するのにそれぞれの時間を必要とした。

EPUB 3.2 が、これら仕様における最新の推奨バージョンと共に最新に保たれていることを保証するために、日付付きの参照は、EPUB 3.2 において日付なし参照に置き換えられた。この変更は、HTML と SVG の新しい推奨バージョンが公開されると、それらがすぐに EPUB 出版物での使用に有効であることを意味する。

この変更の結果として、SVG のアニメーション要素とイベントの使用に対する制限は取り除かれたが、製作者は、SVG のこれらの機能やその他の機能は、まだ十分にサポートされていないので注意して使用するべきである。

詳細の情報は、HTML との関連性SVG との関連性を見よ。

CSS リファレンスに伴う EPUB スタイル シートの置き換え

EPUB 3.2 は、EPUB スタイル シート プロファイルを削除する。その代わりに、より一般的な CSS のサポート要件が定義される。

  • CSS のサポートは、視覚的なリーディング システムのために必要である。

  • CSS プロファイルよりはむしろ、EPUB 3.2 は、CSS ワーキング グループ スナップショットから CSS の「公式な定義」を使用する。

  • position: fixed の使用の制約は削除された。

  • position: absolute の使用の制約は削除された。

  • CSS Speech から全ての -epub- プリフィックス付きプロパティは、実装の少なさから削除された。

  • -epub-ruby-position プロパティは削除された。

  • -epub-text-combine-horizontal プロパティは削除された。

  • -epub-fullsize-kana プロパティは削除された。

  • -epub-text-emphasis ショートハンド プロパティは削除された。

  • -epub-text-orientationuse-glyph-orientationsideways-left 値は削除された。

  • display プロパティの oeb-page-headoeb-page-foot 値は削除された。これらは、EPUB 3.0.1 で非推奨であった。

EPUB 出版物で使用されるスタイルシートに制限を課すことは、EPUB の役割ではない。CSS は、十分に定義されたエラー処理を持ち、合理的なフォールバック動作を保証しながら新しいCSS機能を利用できるように、(例えば、「@supports」やカスケードなど)多くの技術を製作者作は利用可能できる。

製作者とユーザースタイルの優先順位付け

EPUB 3.2 は、リーディング システムが、リーディング システムの適合性要件の追加とスタイルを上書きするサブセクションを介して、ユーザー エージェント スタイルの上に、製作者とユーザーのスタイルの選択を優先するべきガイダンスを追加した。

Alternate Style Tags の廃止

EPUB 3.2 は、もはや Alternate Style Tags を言及しない。このメカニズムは、class 属性を使用するため、これは、既存のコンテンツの有効性に影響を与えない。

許可された epub:type の値

EPUB 3.2 は、epub:type 属性で使用される EPUB Structural Semantics Vocabulary [[EPUB-SSV]] の一部ではない接頭辞のない値を許可する。

スクリプトサポートの明確化

EPUB 3.2 は、スクリプトのサポートを次のように変更する。

  • コンテナ制約のスクリプトは、(embedobject は削除され)[[HTML]] iframe 要素に限られる。

  • リーディング システムは、コンテナ制約のスクリプトをサポートするべきである(スクリプトまわりのセキュリティとプライバシーの懸念のために「must」から弱めた)。

  • リーディング システムは、固定レイアウトドキュメント内のスパイン レベルのスクリプトと rendition:flow プロパティで定義された「scrolled-doc」と「scrolled-continuous」インターフェイスをサポートするべきである。

  • リーディング システムがリフロー可能なドキュメントでスパイン レベルのスクリプトをサポートする場合、「scrolled-doc」インターフェイスをサポートしなければならなず、「scrolled-continuous」インターフェイスをサポートするべきである。

switch 要素の非推奨(deprecation)

EPUB 3.2 は、コンテンツの条件付き表示のために switch 要素の使用を非推奨(deprecation)とする(EPUB 3.0.1 switch 要素を参照)。

その代わり、製作者に、MathML altimg 属性の使用における既存のガイドラインが向けられた。

trigger 要素の非推奨(deprecation)

EPUB 3.2 は、音声と動画コンテンツのコントロールを宣言するための trigger 要素の包含を非推奨(deprecation)とする(EPUB 3.0.1 trigger 要素を参照)。

製作者は、[[HTML]] audiovideo 要素によって提供されるネイティブなコントロールを使用することが推奨される。

epubReadingSystem オブジェクトの明確化

IDL 定義に、epubReadingSystem オブジェクトが追加された。

ネストされたコンテクストを包含している、異なるスクリプト コンテクスト内に、オブジェクトを利用できるようにするための要件もまた明確化された。

Open Container Format (OCF) 3.2

3.2 リビジョンで取り上げられた OCF 仕様のイシューの説明とタイプミス、その他の完全なリストはイシュー トラッカーを参照されたい。

暗号化と圧縮順序

暗号化と圧縮の順序が明確化された。新しいルールは、リソースのサイズを減少させることが適切でないとき、圧縮が必要でないことを明確にする。

新しい Compression 要素

新しい Compression 要素は、リソースがすでに圧縮済みなのかそれともそれがオリジナルのバイトサイズを提供しているのかを示すために encryption.xml スキーマのために追加された。

メディア オーバーレイ

3.2 リビジョンで取り上げられたメディア オーバレイ 仕様のイシューの説明とタイプミス、その他の完全なリストはイシュー トラッカーを参照されたい。

このリビジョンでは、Media Overlays仕様に大きな変更はなかった。

EPUB Accessibility

EPUB 3.2 リビジョンは、EPUB 出版物をアクセシブルであり発見可能にする方法の詳細として、[[EPUBAccessibility]] 仕様を導入する。この仕様は、[[WCAG20]] の作業を活用し、EPUB 出版物のための要件もまた追加している。これは、要件を満たすためのベスト プラクティスを記述した、規定ではない [EPUB Accessibility Techniques] ドキュメントが添付されている。

この仕様は、EPUB の古いバージョンに利用できるよう設計されている。EPUB 3.0.1 または 2.0.1 がアクセシブルかどうかを確認するために製作者によってすぐ使用することができる。

EPUB Canonical Fragment Identifiers

EPUB Canonical Identifiers 仕様は、もはや EPUB 3.2 から参照されない。現在、リーディング システムにおけるサポートは、省略可能である。

Alternate Style Tags

Alternate Style Tags 仕様は、もはや EPUB 3.2 から参照されない。現在、リーディング システムにおけるサポートは、省略可能である。