EPUB® 3 は、デジタル出版物やドキュメントのための、配信と交換形式を定義する。EPUB フォーマットは、単一コンテナで配信するために体系化と意味論的に強化された Web コンテンツ(HTML、CSS、SVG や他のリソースを含む)のパッケージングとエンコーディングの手段を提供する。この仕様は、規格の第2番目のメジャー リビジョンを示している。

EPUB 3 は、デジタルの本(電子書籍)の形式として広く採用され、このリビジョンは、複雑なレイアウト、リッチメディアと双方向性、グローバルなタイポグラフィの機能を含む、出版物が要求する幅広い範囲をサポートするために、フォーマットの能力を向上させ続けている。EPUB 3 フォーマットの期待は、本、雑誌、学術書、専門書や科学的な出版を含むコンテンツの幅広い範囲のために利用されるということである。

EPUB 3 は、事実上モジュール化されており、コア機能と規格の機能を定義する仕様群で構成されている。この仕様は、規格への主なエントリ ポイントを表すが、仕様に記載されている仕様は EPUB 3 の全てである。これらの仕様を横断して定義された主な概念と定義へのインデックスは、この仕様の最後で提供される。

規定ではない [[EPUB3Overview]] は、EPUB 3 への一般的な紹介を提供する。以前のリビジョンからの技術的な変更点の一覧は、規定ではない [[EPUB32Changes]] でも利用できる。

まえがき

仕様

EPUB 3 規格は、サブ仕様のファミリーを横断して定義されたコア機能と機能性を持つ性質のモジュールである。

この仕様は、ファミリーの中で最上位の仕様を表している。これは、(規格のプロダクトである)EPUB 出版物と(EPUB 出版物を消費し、読者にその内容を提示するアプリケーションである)EPUB リーディング システムのための適合性要件が含まれている。

完全な EPUB 3 の他の仕様は、次の通りである。

これらの仕様は、EPUB 3 に関連しているように広く認められている正式なリストであり、規格の一部として関連する機能を含んでいる。新しい機能もまた拡張仕様の開発を通じて定期的に追加される。この仕様で正式に認められていないが、規格のためにコアのリビジョンの外側で定義されている特徴と機能は、製作者とリーディング システムの開発者によって使用するために利用可能である。

組織

このセクションでは、EPUB 出版物として定義する中心的な成果物を通じて EPUB 仕様の組織をレビューする。

EPUB 出版物は、EPUB パッケージと呼ばれるものによって表示されるそれぞれのコンテンツのひとつ以上のレンディションで構成されている。EPUB パッケージは、コンテンツを読むために必要な全てのリソースで構成されている。これらの間で重要なファイルは、(例えば、本棚に表示するタイトルと著者名、コンテンツが固定レイアウトなのか、あるいはリフローすることが可能かどうかなどのレンダリングのメタデータも同様に)読者に EPUB 出版物を提示するリーディング システムによって使用される全てのメタデータを包含するパッケージ ドキュメントである。リソースの完全なマニフェストもまた提供し、読者がコンテンツを介して進むにつれてドキュメントをレンダリングする配列を記載するスパインを包含する。

EPUB パッケージは、EPUB ナビゲーション ドキュメントと呼ばれる他の主要なファイルも包含する。このドキュメントは、読者が迅速かつ容易にコンテンツを移動できる、例えば目次のような、重要なナビゲーション機能を提供する。

EPUB パッケージの要件は、[[Packages32]] で定義されている。

EPUB 出版物のリソースは、ファイル拡張子 .epub の ZIP ベースのアーカイブ内で配布のためにひとまとめにされる。ZIP アーカイブ準拠なので、EPUB 出版物は多くのソフトウェアプログラムによって解凍でき、生産と消費の両方を単純にできる。

コンテナ フォーマットは、ZIP 圧縮されたコンテンツが EPUB 出版物であることを決定する手段(mimetype ファイル)だけでなく、有益なリソースの普遍的な名前のディレクトリも提供する(/META-INF)。これらリソース間のキーになるのは、利用可能なパッケージ ドキュメントをリーディング システムに指示する container.xml である。

コンテナ フォーマットは、[[OCF32]] で定義されている。

次の例は、EPUB フォーマットの構造を視覚的に表している。

EPUB 出版物の構造と格納容器は、フォーマットの半分で、残りの半分は、読者に表示されるコンテンツである。このコンテンツは、オープン Web フォーマット上に構築され、XHTMLSVG の二種類を供給されている。EPUB コンテンツ ドキュメントと呼ばれ、典型的にこれらのドキュメントは、例えば、画像、音声やビデオクリップ、スクリプトやスタイルシートなど、適切なレンダリングのために必要となる多くの追加リソースを参照する。

EPUB コンテンツ ドキュメントの製作のための規則と要件に関する詳細情報は、[[ContentDocs32]] で提供され、アクセシビリティの要件は、[[EPUBAccessibility]] で定義されている。

メディア オーバーレイ ドキュメントは、 EPUB コンテンツ ドキュメントを補完する。これらは、録音済みの音声を持つ EPUB コンテンツ ドキュメント内のテキストを同期させるための宣言型マークアップを提供する。効果は、ナレーションされているように、テキストがハイライトされる読み上げの体験を作る機能である。メディア オーバーレイ ドキュメントは、[[MediaOverlays32]] で定義されている。

概念的には単純であるが、EPUB 出版物は、ここで提示されるように、ZIP パッケージ内の HTML ページや依存資産の単純な集積以上のものである。このドキュメントの次のセクションは、読書体験を高めるのに提供する EPUB 出版物の主要な特徴と機能性に関する追加の情報は、参照仕様から入手可能であり、EPUB 3 の機能のより一般的な導入は、規定の [[EPUB3Overview]] で提供される。

用語

次の用語は、EPUB 3 の固有である。どこで使用するにしても、大文字で始める。

セクションにある用語の最初のインスタンスのみ、定義にリンクされる。

製作者

EPUB 出版物の制作に対して責任がある人または組織。制作者は、コンテンツの制作者である必要はない。

コンテンツ表示領域

EPUB コンテンツ ドキュメントの表示することを専門とするビューポート内の領域。コンテンツ表示領域には、EPUB リーディング システムがビューポート内に挿入するかもしれない枠線、余白、ヘッダー、フッターまたはその他の装飾は含まれない。

合成見開きの場合、ビューポートは、2つのコンテンツ表示領域を含む。

コア メディア タイプ リソース

フォールバックの提供が必要ではない、出版物リソース(管理外リソースを参照)。

EPUB コンテナ

OCF ZIP コンテナ [[!OCF32]] で定義されている EPUB 出版物用 ZIP ベースのパッケージングと配布の形式。

EPUB コンテンツ ドキュメント

EPUB コンテンツ ドキュメントの定義(XHTML または SVG)のひとつに一致した出版物リソース

EPUB コンテンツ ドキュメントはコア メディア タイプ リソースであるため、フォールバックを提供することなく EPUB 出版物に含むことができる。

EPUB ナビゲーション ドキュメント

人間と機械が読み取り可能であるグローバルなナビゲーション情報を含む特化した XHTML コンテンツ ドキュメント。EPUB ナビゲーション ドキュメントは、EPUB ナビゲーション ドキュメント [[!Packages32]] で述べられた制約に準じる。

EPUB パッケージ

パッケージ ドキュメントで定義されているような、EPUB 出版物のひとつのレンディションをレンダリングする相互関係にあるリソースのセットから構成されている論理的なドキュメントのエンティティ。

EPUB 出版物

この仕様に準拠する、ひとつ以上のレンディションのコレクションは、EPUB コンテナをパッケージ化している。

EPUB 出版物は典型的に単一の知的・芸術作品を表しているが、この仕様は、コンテンツの性質を制限しない。

EPUB リーディング システム (またはリーディング システム)

この仕様に準拠する方法で読者に提示するために EPUB 出版物を処理するシステム。

固定レイアウト ドキュメント

rendition:layout プロパティ [[!Packages32]] で定義されているように、パッケージ ドキュメント内の pre-paginated を指定されているスパインから直接参照される EPUB コンテンツ ドキュメント

固定レイアウト ドキュメントをレンダリングするために使用する寸法は、固定レイアウト [[!ContentDocs32]] で定義される。

管理外リソース

コア メディア タイプ リソースではない出版物リソース。管理外リソースは、管理外リソースで定義されているフォールバックの要件に依存する。

ローカル リソース

EPUB コンテナ内に配置されたリソース。

リソースの位置ための特定のルールは、メディア タイプのための出版物リソースの位置を参照されたい。

マニフェスト

EPUB 出版物の指定されたレンディションを構成する全ての出版物リソースのリスト。

詳細についてはマニフェスト [[!Packages32]]を参照されたい。

メディア オーバーレイ ドキュメント

[[!MediaOverlays32]] で定義された同期再生を提供するために録音済みの音声ナレーションを XHTML コンテンツ ドキュメントと関連付ける XML ドキュメント

パッケージ ドキュメント

パッケージ ドキュメント [[!Packages32]] で定義されているように、EPUB 出版物のひとつのレンディションを記述する出版物リソース。パッケージ ドキュメントは、レンディションに関するメタ情報を伝達し、リソースのマニフェストの提供と標準の読み取り順序を定義する。

出版物リソース

コンテンツまたは EPUB 出版物の少なくともひとつのレンディションのロジックと表示に関する命令を含んでいるリソース。このリソースがない場合には、EPUB 出版物は製作者の意図したとおりに表示されないことがある。出版物リソースの例としてはレンディションのパッケージ ドキュメントEPUB コンテンツ ドキュメント、CSS スタイル シート、音声、動画、画像、埋め込みフォントとスクリプトが含まれている。

パッケージ ドキュメント自身を除いて、レンディションをレンダリングするために必要な出版物リソースはレンディションのマニフェスト [[!Packages32]] に記載され、(出版物リソースの配置で特に指定がない限り)EPUB コンテナファイルにバンドルする。

出版物リソースでないリソースの例としては、パッケージ ドキュメントの link [[!Packages32]] によって識別されるか(例えば [[!HTML]] a 要素の href 属性など)リモート リソースを解決する外部へのハイパーリンクで識別されるものが含まれている。

リリース識別子

公開識別子は EPUB 出版物の任意のインスタンスが、別のインスタンスに対して、それらが同一であるのか、異なる版なのか、または無関係なのかどうかを判断するために比較できるようにする。

詳細については公開識別子 [[!Packages32]] を参照されたい。

リモート リソース

一般的に、オンラインである必要はないが、EPUB コンテナの外部に配置するリソース

リソース配置に関するメディア タイプの特定のルールは、出版物リソースの配置を参照されたい。

レンディション

EPUB パッケージで述べられているように、EPUB 出版物コンテンツのひとつのレンダリング。

スクリプト コンテンツ ドキュメント

スクリプトや [[!HTML]] forms を持つ XHTML コンテンツ ドキュメントが含まれる EPUB コンテンツ ドキュメント

詳細についてはスクリプト [[!ContentDocs32]] を参照されたい。

スパイン

EPUB 出版物の指定されたレンディションの初期設定の読み上げ順序を表す出版物リソース一般的な EPUB コンテンツ ドキュメント [[!Packages32]] の順序付きリスト。

詳細についてはスパイン [[!Packages32]] を参照されたい。

SVG コンテンツ ドキュメント

SVG コンテンツ ドキュメント [[!ContentDocs32]] で表現された制約に準拠する、EPUB コンテンツ ドキュメント

合成見開き

デバイスの画面上で同時に二つの隣接するページのレンダリング。

テキスト読み上げ(TTS)

人工的な人間の発音で EPUB 出版物のテキストコンテンツのレンダリングは合成音声を用いる。

トップレベル コンテンツ ドキュメント

直接かフォールバック チェーン [[!Packages32]] を介して、スパインから参照される EPUB コンテンツ ドキュメント

一意識別子

unique-identifier 属性 [[!Packages32]]によって識別される一意識別子は EPUB 出版物のための主要な識別子である。一意識別子は、同じ EPUB 出版物のひとつ以上のレンディションによって共有が可能である。

コンテンツの大幅な見直し、要訳などは新しい一意識別子が必要である。

ビューポート

EPUB 出版物が視覚的に読者に与えられる EPUB リーディング システムの領域。

XHTML コンテンツ ドキュメント

XHTML コンテンツ ドキュメント [[!ContentDocs32]] で定義されている [[!HTML]] のプロファイルに準拠する、EPUB コンテンツ ドキュメント

[[!HTML]] に定義された XHTML 構文を使用する XHTML コンテンツ ドキュメント。

適合性要件

EPUB 出版物

EPUB 出版物は、次の条件を全て満たさなければならない(MUST)。

パッケージ

ひとつ以上の EPUB パッケージを包含しなければならなず(MUST)、それぞれが [[!Packages32]] に定義された要件に適合しなければならない(MUST)。

アクセシビリティ

[[!EPUBAccessibility]] に定義されているアクセシビリティ要件に適合するべきである(SHOULD)。

出版物リソース

そこに含まれる全ての出版物リソースは、コア メディア タイプと管理外リソースの制約に従い、出版物リソースの配置ごとに配置しなければならない(MUST)。

コンテナ

[[!OCF32]] で定義されているように、それは EPUB コンテナにパッケージ化しなければならない(MUST)。

EPUB リーディング システム

EPUB リーディング システムは次の条件を全て満たさなければならない(MUST)。

EPUB 3 の処理

[[!OCF32]] で規定されているように EPUB コンテナを処理しなければならない(MUST)。

[[!Packages32]] で定義されているように、EPUB パッケージを処理しなければならない(MUST)。

管理外リソースタイプの任意のセットをサポートしてもよい(MAY)、そして管理外リソースで定義されているように、サポートされていない管理外リソースのためのフォールバックを処理しなければならない(MUST)。

リソース配置で定義されているような、リモート リソースをサポートするべきである。

XHTML コンテンツ ドキュメント - リーディング システムの適合性 [[!ContentDocs32]] で定義されている XHTML コンテンツ ドキュメントを処理しなければならない(MUST)。

SVG コンテンツ ドキュメント - リーディング システムの適合性 [[!ContentDocs32]] で定義されている SVG コンテンツ ドキュメントを処理しなければならない(MUST)。

ビューポートを持つ場合、CSS スタイル シート - リーディング システムの適合性 [[!ContentDocs32]] で定義されている XHTML コンテンツ ドキュメントの視覚的なレンダリングをサポートしなければならない(MUST)。

ビューポートを持つ場合、画像のコア メディア タイプ リソースをサポートしなければならない(MUST)。

録音済みの音声をレンダリングする機能を持つ場合、音声のコア メディア タイプ リソースをサポートしなければならず(MUST)、メディア オーバーレイ [[!MediaOverlays32]] をサポートするべきである(SHOULD)。

テキスト読み上げ(TTS)のレンダリングをサポートしている場合、[[!CSS3Speech]] と XHTML コンテンツ ドキュメントSSML 属性 [[!ContentDocs32]] をサポートするべきである(SHOULD)。

リーディング システムは H.264 [[H264]] と VP8 [[RFC6386]] ビデオコーデックの少なくともひとつをサポートすることが望ましいが、これは適合要件ではなく、リーディング システムは他の動画コーデックをサポートするかもしれないが、全くしないかもしれない。どちらかの形式または両方の動画を包含もしくは実装するために選択を行う際に、製作者やリーディング システムの開発者は、採用の幅、ビデオの再生品質、および技術の使用のロイヤリティの要件のような要因を考慮することが必要である。

アクセシビリティ

[[!EPUBAccessibility]] にあるリーディング システムのアクセシビリティ要件を満たすべきである(SHOULD)。

後方互換性

パッケージ ドキュメントの version 属性が、「3.0」に満たない EPUB 出版物における全ての指定されたレンディションの処理を試みなければならない(MUST)。

古いバージョン番号の EPUB 出版物は、常に、それぞれの仕様に従って処理をしない限り、意図したような完全にレンダリングをしないだろう。リーディング システムは、この仕様で定義されているような EPUB 出版物をサポートするべきである(SHOULD)。

前方互換性

パッケージ ドキュメントの version 属性がバージョン「3.0」以上のどんな EPUB 出版物の指定されたレンディションでも処理しようと試みるべきである(SHOULD)。

XML の処理

適合性を検証しない処理 [[!XML]] でなければならない(MUST)。

[[!XML-NAMES]] に定義されているような、適合性の処理をしなければならない(MUST)。

[[!XMLBase]] に定義されているような、適合性の適用をしなければならない(MUST)。

適合するリーディング システムは単一の専用プログラムまたはデバイスである必要はなく、分散システムとして存在するかもしれない。

出版物リソース

コア メディア タイプ

まえがき

一般的に、EPUB 出版物の各レンディションは、多くの出版物リソースから構成されている。それらのリソースは、二つのカテゴリーに分類される。それらは、フォールバックなし(コア メディア タイプ リソース)で包含できるものと、そうできないもの(管理外リソース)がある。

製作者は、EPUB 出版物を構成するためのリソースに両方のタイプを使用するのは自由だが、いくつかのリーディング システムは、使用する管理外リソースをレンダリングしないかもしれないことを知っておく必要がある。

EPUB 出版物は、全ての適合するリーディング システムで完全に消費するために設計されており、従って、フォールバックのシステムは、管理外リソースの使用が、コンテンツを消費する読者の能力に影響を与えないことをを担保する必要性がある。このセクションは、コア メディア タイプ リソースのセットを掲載し、安全な導入容易性(consumability)要件を満たすために使用できるフォールバック メカニズムを示す。

サポートされたメディア タイプ

コア メディア タイプの仕様に適合する出版物リソースは、コア メディア タイプ リソースであり、フォールバックなしに EPUB 出版物に含めることができる。次の MIME メディア タイプ [[!RFC2046]] 仕様に適合する出版物リソースは、フォールバックなしに EPUB 出版物に含めることができる。

次の表の列は、次の情報を表している。

  • メディア タイプ—MIME メディア タイプ [[!RFC2046]] は、マニフェスト [[!Packages32]]で、特定の出版物リソースを表すために使用される。

    複数のメディア タイプが掲載されている場合、最初のものが優先メディア タイプである。優先メディア タイプは、全ての新しい EPUB 出版物で強く推奨される。

  • コンテンツ タイプの定義—特定のコア メディア タイプ リソースが適合しなければならない仕様。
  • 適用—メディア タイプとコンテンツ タイプの定義に適用する出版物リソースのタイプ。
メディア タイプ コンテンツ タイプの定義 適用
画像
image/gif [[!GIF]] GIF 画像
image/jpeg [[!JPEG]] JPEG 画像
image/png [[!PNG]] PNG 画像
image/svg+xml SVG コンテンツ ドキュメント [[!ContentDocs32]] SVG ドキュメント
オーディオ
audio/mpeg [[!MP3]] MP3 オーディオ
audio/mp4 [[!MPEG4-Audio]], [[!MP4]] MP4 コンテナを使用している AAC LC オーディオ
ビデオ
EPUB 3 は、技術的にコア メディア タイプ リソースではないものの、フォールバックなしで包含された任意のビデオ コーデックを許可する。EPUB 出版物のビデオ コーデックのサポートに関する規定の推奨については、「EPUB 出版物 — リーディング システムの適合性」の注を参照されたい。
スタイル
text/css CSS スタイル シート [[!ContentDocs]] CSS スタイル シート
フォント
font/ttf
application/font-sfnt
[[!TrueType]] TrueType fonts
font/otf
application/font-sfnt
application/vnd.ms-opentype
[[!OpenType]] OpenType フォント
font/woff
application/font-woff
[[!WOFF]] WOFF フォント
font/woff2 [[!WOFF2]] WOFF2 フォント
その他
application/xhtml+xml XHTML コンテンツ ドキュメント [[!ContentDocs32]] XHTML 構文 [[!HTML]] を使用する XHTML コンテンツ ドキュメント
application/javascript
text/javascript
[[!RFC4329]] スクリプト
application/x-dtbncx+xml [[!OPF2]] レガシー NCX
application/smil+xml [[!MediaOverlays]] EPUB メディア オーバーレイ ドキュメント
application/pls+xml [[!PRONUNCIATION-LEXICON]] テキスト読み上げ (TTS) 発音語彙

管理外リソース

管理外リソースは、スパイン itemref 要素 [[!Packages32]] から参照されず、また、(例えば、[[!HTML]] 埋め込みコンテンツや [[!SVG]] imageforeignObject 要素を介して)EPUB コンテンツ ドキュメントにネイティブ形式で直接レンダリングされていないとき、フォールバックなしに EPUB 出版物に包含されてもよい(MAY)。

この例外で、製作者は、EPUB コンテナに、EPUB リーディング システムで使用されないリソースを包含することができる。この例外の主要なケースは、EPUB コンテンツ ドキュメントで構成されているスクリプトで使用されるか、外部アプリケーションで使用されるかに関係なく、EPUB 出版物と共に移動できるデータ ファイルを許可することである(例えば、科学ジャーナルは、EPUB コンテナから抽出する方法に関するインストラクションを含むデータ セットを包含できるなど)。

管理外リソースが、スパインに包含されるか、または、EPUB コンテンツ ドキュメントにネイティブ形式で直接レンダリングされるとき、フォールバックのコア メディア タイプ リソースは、包含されなければならない(MUST)。フォールバックは、次の二つのいずれかの形式を取る。

  • 固有のフォールバック メカニズムは、(例えば、ひとつ以上のメディア タイプを提供したり、メディア タイプをレンダリングできないときに代替の埋め込まれたメッセージを表示する能力のように)フォーマットに基いて提供される。

  • マニフェスト フォールバック [[!Packages32]]。

マニフェスト フォールバックは、コア メディア タイプ リソースへのフォールバック チェインを作るパッケージ ドキュメントの機能である。それらは、スパイン [[!Packages32]] 内と(例えば、[[!HTML]] img 要素など)固有のフォールバック機能が利用できないとき、管理外リソースのフォールバックを作るために使用される。

それらの要素が提供する固有のフォールバック機能については [[!HTML]] と [[!SVG]] 仕様を参照されたい。

リソース配置

全ての出版物リソースは、次の例外を除いてEPUB コンテナに配置しなければならない(MUST)。

製作者は、接続状態にかかわらずプレゼンテーション全体へ読者がアクセスできるよう可能な限り、EPUB コンテナ内部に音声や動画、スクリプトのリソースを配置することを推奨する。

出版物リソースの配置に対するこのセクションのルールは、指定されたリソースがコア メディア タイプ リソースまたは管理外リソースであるかどうか関係なく適用される。

EPUB 出版物でリモート リソースの取り込みは、マニフェスト item 要素 [[Packages32]] の remote-resources プロパティ を介して指示される。

XML 適合性

XML ベースのメディアタイプである全ての出版物リソースは、次の制約を満たさなければならない(MUST):

特定の出版物リソースが、コア メディア タイプ リソースまたは管理外リソースであるか否かを問わず上記の制約はあてはまる。

未対応の機能

この仕様と兄弟仕様は、もはや推奨されないか、又はレガシーをサポートする理由で残された。いくつかの機能を含む。このセクションは、こらの機能に付随する指示の意図及びその機能に対するサポートの期待を定義する。

非推奨(deprecated)の機能

非推奨(deprecated)の機能は、このバージョンの仕様での使用をもはや推奨されない機能のことである。非推奨(deprecated)の機能は、典型的に、リーディング システム及び/又はEPUB 出版物の使用において、限定的か全くサポートされない。機能が非推奨(deprecated)にマークされている場合、次が当てはまる。

適合性ツールは、EPUB 出版物で遭遇した場合、その機能の包含は非推奨であることを、製作者に警告するべきである(SHOULD)。

レガシー機能

レガシー機能は、3.0 より前のバージョンの EPUB と互換性のあるオーサリング コンテンツに対してのみ保持される機能である。機能がレガシーとしてマークされている場合、次のことが当てはまる。

適合性ツールは、それらの包含は後方互換性として適合なので、EPUB 出版物にレガシー機能が存在することを、製作者に警告するべきではない(SHOULD NOT)。適合性ツールは、レガシー機能が、その定義に準拠していない、又は使用要件に違反する場合、製作者に警告するべきである(MUST)。

インデックス

このインデックスは、要素や属性、プロパティの定義を包含する EPUB 3 で定義されている主な概念を識別する。